ひも1本あれば出来る!身体全体がラクになるイスの座り方

120506 chair01

photo credit: B.Riordan. via photo pin cc

こんにちは。先日、小関先生のバランス講義に行ってきました。講義内容のひとつに「ひも1本あれば出来る、身体全体がラクになるイスの座り方」がありました。実際にやってみると、とても身体がラクになりましたので、ご紹介します。

スポンサードリンク

バランストレーナーである小関先生は、ボディバランスボードの販売をキッカケにオリンピック選手、プロスポーツ選手を中心にバランストレーニング、カラダの使い方を指導。講演、講習会活動など幅広く活動しております。
数年前まではなでしこジャパンの代表メンバーにも指導されていたようです。すばらしいですね。

Kab Labo.|カブラボ|小関アスリートバランス研究所

その小関先生のバランス講義「壊れないバランス」が5/3東陽町のYMCAセンターで開催され、行ってきました。

スポンサードリンク

ひも1本あれば出来る、身体全体がラクになるイスの座り方

講義中に1本のひもを渡されました。

120506himo01

ズバリ、このひもを下記写真のように、膝手前くらいのところで、足がまっすぐになるように結んでみてください。
あとは自分の身体がラクなように座り、常時ひもが張った状態を維持するだけです。

120506himo02

私の場合、足を広げて座ることが多いです。デスクワークがメインの為、気がついた時には腰や背中に張りを感じていました。

ところがこの縛った状態でパソコンに向かい作業をしていると、本当に身体がラクです。

身体がラクということは、自分の骨格構造的に理にかなった座る姿勢ということですね。

座る時の姿勢はいかがでしょうか?長時間座ること自体、身体にいいことではありませんが、座って作業せざるをえないのであれば、より身体がラクな座り方ができるといいですよね。

おわり

こうしてブログを書いている今も、足を縛ってます。会社でも長い時間座って作業する時には縛る予定です。

ちなみにひもについてですが、足を縛れるもので、痛くなければなんだっていいと思います。小関先生もそう言ってました。
講義で頂いたPPひもは直径5mmのものでした。下記のようなひもです。ホームセンターにもまずありそうですね。

スポンサードリンク