まいにち食べてる簡単で美味しい「なかしましほさんのスマイルクッキー」

120708_custom

なかしましほさんの「まいにち食べたい“ごはんのようなクッキーとビスケットの本”」を読んで、31才にして初めてクッキーを作ってみました。

この本のクッキーをいつも美味しく頂いていたのですが、今は作ってくれる嫁さんが出産直後で作れない。でも、食べたい。。。ということで、重い腰をあげました(笑)

でも、本を読んでびっくりしました。これなら自分でも作れそう!と思えるほど簡単なレシピだったので。

作ったのは、本書の一番最初にある、基本の型抜きクッキー「スマイルビスケット」です。

このクッキーは乳製品を一切使いません。なかしましほさんのクッキーは、バターも生クリームも使いません。

クッキーの魅力は、いつでもどこでも食べられること。
たからこそ1枚で、心もからだもほっと満たされるようなクッキーが
いつも近くにあるといいなと思います。
ナッツやドライフルーツ、全粒粉、オートミールなど、滋養のあるものを詰め込んで、
まいにち食べてもからだの負担にならない、ごはんのようなおやつ。
ぜひ、日々のおやつに作ってもらえたらうれしいです。

まいにち食べたい“ごはんのようクッキーとビスケットの本「はじめに」

スポンサードリンク

今回作ったのは、一番最初に載っている基本のクッキー「スマイルビスケット」。

全粒粉たっぷりのこのクッキーの材料はこれだけ。
・薄力粉、全粒粉、塩、菜種油、メープルシロップ
甘さはごく控えめですが、しっかりとした粉の味わいが感じられ、飽きがきません。
そして、なんといっても簡単

生地を作って成形して抜いて、で10〜15分くらい。
そのまますぐに170℃のオーブンで30分焼いて、冷めたら出来上がり。
昨日の日曜日に初めて作ってみたのですが、美味しくできたのが嬉しくて、今日もう一回作ってしまいました。

20120708185205_custom

「スマイルビスケット」の作り方

こちらのサイトに詳しく楽しく書いてありましたので、引用させて頂きます。

ほぼ日刊イトイ新聞 - とてもくわしいおやつのレシピ 先生は、なかしましほさん。

「スマイルビスケット」簡易版レシピ
【材料】

  • 薄力粉   60g
  • 全粒粉   60g
  • 塩    ひとつまみ
  • 菜種油   大さじ2
  • メープルシロップ  大さじ1.5~2

【準備】

  • オーブンは170℃に予熱しておく。
  • 天板にオーブンシートを敷く。

【作り方】

  1. ボウルに粉類と塩を入れ、お米をとぐように手でぐるぐるっと混ぜる。
  2. 菜種油を加える。スプーンに残った油を指でていねいにこそげとる。
  3. 油に粉をなじませるようにして、手でぐるぐるっと混ぜる。
  4. 粉と油のかたまりが、そぼろのようにできてきたら、両手ですり合わせてかたまりをつぶす。ほぼさらさらになればOK。
  5. メープルシロップを全体に回しかける。スプーンに残ったシロップもこそげとって加える。お米をとぐようにぐるぐるっと混ぜて生地をひとつにまとめる。
  6. 生地を8mmの厚さにのばし、直径5cmの丸型で抜く。残った生地は再度まとめて、伸ばして型抜きする。
  7. 天板に並べ、スプーンや竹串などで顔を描き、170度のオーブンで30分、うっすら焼き色がつくまで焼く。焼き上がったら取り出して、天板の上で完全に冷ます。

ほぼ日刊イトイ新聞 - とてもくわしいおやつのレシピ 先生は、なかしましほさん。

動画もありますので、こちらも是非参考にしてみてください。
厚みを均等にするために「箸」を使うというのは、本にも書いてなかったことなので、とても参考になりました。

おわり

この本には、クッキー・ビスケットのレシピが80種類以上載ってます。

私でも簡単に作れそうなものばかりなので、嫁さんが作れない時にはいろいろ作ってみたいと思います。

スポンサードリンク