食料危機ドキュメンタリー映画「キングコーン」に学ぶ現在の食の真実

【映画】キング・コーン|KING CORN 公式サイト

キング・コーン」という映画を観ました。

現在の食料危機の真相を解き明かす、ドキュメンタリー映画です。非常にポップで軽快にストーリーが進みますが、扱っている問題は非常に大きく、重要なものです。

当映画は冒頭、このようなセリフで始まります。

IZ09 0570 1

想像よりも早く、アメリカ史上初めて、寿命が親よりも短くなる危機が迫っている。

食事が原因だ。

スポンサードリンク

この映画の内容は、誰しもが知っておくべきではなかろうかと感じました。それは、経済優先の今の世の中では、学校もマスコミも教えてくれない内容です。

今回は当映画からぜひとも皆様に知ってほしい内容をご紹介します。長文ですがお付き合い頂けると幸いです。

簡単なあらすじ

IZ09 0570 7
 
米国の大学を卒業したての男性2人、イアンとカート。自分たちの髪の毛を調べると、いずれもコーンが含まれていました。それに驚いた2人は、お互いの出身地であるアメリカ・アイオワ州で畑を借りて自分たちでコーンを作ってみようと行動を起こし、それによって食料危機の現状を目の当たりにします

「遺伝子組み換えコーン」含有食品であふれている

当映画のメインとも言える作物が「遺伝子組み換えコーン」(以下、GMコーン)。

大前提として知っていて欲しいのは、今や私らが食べているもののほとんどが、このGMコーンを含有しているということです。
 
IZ09 0570 18
 
簡単に挙げてみます。
・油(コーン原料のもの)
・卵、牛肉、豚肉、鶏肉、牛乳(飼料がGMコーン)
・ハム・ソーセージ・チーズなどの畜産加工品(飼料がGMコーン)
・甘い清涼飲料水(果糖ぶどう糖液糖がGMコーンで作られている)
・菓子類(原料表示「コーンスターチ」とあるもの)
・サワー類(糖類がGMコーン由来)

なぜこんなにGMコーンが使われているのか?

安いからです。

遺伝子をいじり薬品・農薬化、機械化、大規模化されたコーン畑の生産効率はとても良いのです。映画の舞台であるアイオワ州だけでアメリカ全土のコーン消費を賄えるほどです。
 

IZ09 0570 5

食品メーカーは、安いものを提供するのに必死です。原価を下げるために、安い原材料を使うのは、経済的な視点からすると当然です。
 
ましてや、消費者の多くは価格のみに目が行き、原材料がどのように作られ、どのようなものなのかなど気にしないので、なおさら安い原材料を使います。

何のために遺伝子を組み換えるのか?

「除草剤」「農薬」に耐えるためです。
 
IZ09 0570 4
 
コーンを育てる際、周りには雑草が生えます。雑草を排除するのに効率がいいのが、「除草剤」を撒くことです。普通のコーンだと「除草剤」で枯れてしまうので、枯れないように遺伝子を操作します。
 
遺伝子操作のやり方は「適当」です。理屈が分かっていません。たまたま「除草剤」に負けないのが出来たので、その遺伝子組み換えコーンが生産されています。
 

遺伝子組み換えの安全性は確立されているのか?

確立されていません
 
放射能や、電磁波と同様です。研究機関は経済の為に実験をしているの場合がほとんどです。関連企業は、「YES」という研究機関には助成金を出しますが、「NO」という研究機関には出しません。研究者もお金もらえてなんぼです。
 
ほんものの情報は、ほんものを追求している方々から得るしかありません。こちらのブログのほんたべさんはほんものを追求している人だと思います。遺伝子組替え作物・食品についてもとても良く勉強されています。

ほんものの食べもの日記partⅡ 「なんとなくイヤ」でOK、遺伝子組み換え食品反対の理由
 
(遺伝子組換え作物の)「安全性に問題がある」根拠に、豚の奇形が多発していたり、ラットの実験で何かができたり、アレルギーの可能性が指摘されたりしています。
 
ただこれらの実験結果については反証もされていて、総合的には安全とも危険とも言えない的な印象が与えられています。
 
原発の反対派と推進派の言うことが全く正反対であるように、遺伝子組み換え作物についても同じことが起きており消費者はどう判断していいかわからない、そんな感じ。
 
とは言え、国民の70%が漠然とした不安を抱えています。
 
この漠然とした不安を煽るべきではないと推進派の人々は言います。
危険ではないと言います。この状態を称して「思考停止」と呼び、感情論でこの問題を述べるべきではないと言います。
 
原発推進派の人の言い方にとても良く似ています。

 
こんな状況ですので、安全性については、各人で判断するしかないです。
 
私は「触らぬ神にたたり無し」だと思っています。食べる必要性を感じません。

家畜の現状

当映画では「牛」を取り上げていたので、その内容をまとめてみます。基本的に「豚」や「鶏」も同じです。
 
IZ09 0570 6
 
100年前までは、放し飼いで「干し草」や「牧草」しか食べていなかった牛が、今や飼料の90%が穀物(GMコーンは60%)で、狭い飼育場で飼育されます。
 
なぜGMコーンを使うのか?安くて高カロリーだからです。

「抗生物質」で生き長らえさせている畜牛

大量のコーンは胃酸を出す原因になります。するとpHの数値が落ち、牛が病気になります。この症状を”酸毒症”と呼びます。治療しなければ死んでしまう状態です。

だから、エサをやる時に抗生物質を混ぜて与えいます
 
IZ09 0570 9
 
アメリカの抗生物質の70%が家畜用です。抗生物質は舎飼い飼育を可能にするのです。

高脂肪の肥満な畜牛

今の牛(舎飼い飼育&穀物飼料)のステーキには、牧草で育った牛のステーキに比べ、7倍もの脂肪分が含まれています。
 
舎飼い飼育の牛は運動させずに、穀物飼料でぶくぶく太らせられます。筋肉組織はまるで脂肪のようで、野生の動物の筋肉とは程遠いものです。
 
IZ09 0570 11
 
穀物飼料で育った牛の骨付きステーキは9gもの飽和脂肪を含みますが、通常の牧草で育った牛は1.3g。現在食べているのは、高脂肪の牛なのです。

畜産従事者たちは疑問を抱いている

多くの畜産者たちが舎飼い飼育に疑問を抱いています。経済の為だけに行っているからです。彼らはこう言います。
 
「みんな安い食材を求めているから、牧草では育てられない。」
 

IZ09 0570 12

コーンで育った肉は安いです。アメリカの30代以前の人は、こういう肉しか食べていないのだとか。
 
食が欧米化している日本だって、そう大きく変わらないでしょう。

コーンが大量に余ったから「甘味料」にした

IZ09 0570 3
 
1973年、アール・ラウアー・バッツ農務長官時代の政策転換により、生産の制限は無くなり、農家は生産量を増やしました。その結果、大量のコーンが余り、甘味料の開発に投資されました
 
コーンシロップの製造工程には、ごくごく微量ながらも硫酸や、アミラーゼと第一酵素アルファ1-4ブドウ糖結合と言った劇物が使われ、激甘のシロップとなる。すべては化学の力で。
 
1970年以前は誰もコーンシロップは食べなかったのに、今や甘味料のほとんどがコーンシロップです。
 
なぜなら、とっても安いから。

加工食品業者はこの恩恵を受け、安い高果糖コーンシロップを使います。

IZ09 0570 13

安売りで手放したものは栄養価

本来コーンには高たんぱく質が含まれてましたが、生産性を求めた為にコーンは変化しました。
 
現在コーンシロップに使われるコーンの黄色い部分「スターチ」には、基本的に栄養価が無く、非常に代謝が悪いものです。
 
IZ09 0570 14
 

もたらしたのは「極度の肥満」や「糖尿病」

大量のコーンシロップの70%が、飲み物の甘味料になります。NYのブルックリンで毎年消費される炭酸飲料は5億リットル。2万エーカーの畑のコーンに匹敵します。
IZ09 0570 15
 
コーンシロップの大量消費により、人間の身体の代謝に影響を及ぼします。糖尿病の増加です。

糖尿病は、血糖値が高くなり、すい臓が働く範囲を超えて、制御できなくなる病気です。今やニューヨークの8人に一人が糖尿病やその予備軍だそうです。
  
ほとんどの問題の原因は炭酸飲料。渇きを潤すつもりが、砂糖をガブ飲みしているようなもの。
IZ09 0570 17
 
一日一杯炭酸飲料を飲む人は、糖尿病の確率が倍になるのだそうです。炭酸飲料を飲むか飲まないかだけでです。
 
IZ09 0570 16
安い食べ物とは身体に悪いわね・・・
ブルックリン病院の医師は嘆いていました。
 

すべての始まりは助成金制度と過剰生産

上述の1973年に政府が打ち出した助成金制度が、安いコーンの過剰生産を引き起こしました
 
それにより、大量生産されたコーンの使い道として、家畜飼料となり、甘味料となりました。
 
大量生産されたコーンの為に、不健康な家畜が大量生産され、不健康な甘味料入りの食品も大量生産されているのです。
 
大量生産された、それらの不健康な食品は、消費者に大量に消費してもらわないと経済が回りません。
 
なので、こういった裏事情は公表されず、食品をただただ大量消費するように世の中が回っていきます。

主人公の2人、イアンとカートはその現状を目の当たりにして、こう言っているのです。

想像よりも早く、アメリカ史上初めて、寿命が親よりも短くなる危機が迫っている。
 
食事が原因だ。

 

「生産」が王様の今の世の中

上述の通り、今の世の中の一番上にあるのは、「生産」です。
 
生産されたものを消費する為に消費者がいて、消費する為にお金を稼ぎます。どうやってお金を稼ぐかというと、「生産」活動に従事して、お金を稼ぐ人がほとんどです。
 
食べものやモノがあふれている今の世の中というのは、「生産」が王様で、ほとんどの人がその「生産」に翻弄されています。
 
過剰な生産は「健康問題」「環境問題」「格差」「飢餓」など、様々な問題を引き起こしています。当映画を観ると、それがよく分かります。
 

おわり

長い文章を最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。とても大事なことだけに、しっかり書きたいと思いました。
 
あらゆる食べものやモノがあふれる今の世の中で、私が今取り組んでいることは「本当のことをしり、自分にとって必要なことを見極める」ことです。
 
現在私は、肉類、牛乳、卵、乳製品や遺伝子組替え食品を食べない生活10日目です。
 
「タンパク質」「タンパク質」と叫ばれている今、本当にそんなに必要なのか?と疑問を持っています。
 
テニス競技者でもある自分にとって、必要な栄養素を身体で感じ取り、必要な量だけ、平飼いで育った畜産食品を食べたいと思っています。
 
毎日食べていた畜産食品ですが、半分も必要ではなかったと、10日間を通して感じています。もし半分で良かったとしたら、平飼いで育った畜産食品が2倍の価格であっても、今までとトントンです。
 
そんな感じで、自分の身体や家族の身体を作る「食」だからこそ、ほんものを追求していきたいと思います。

とっても勉強になった「キングコーン」。ぜひ観て頂けると幸いです。
 

スポンサードリンク