疲れていませんか?あなたの本当の疲労度合いを判定する方法

Medium 6333169258

photo credit: GDShot via photopin cc

Tarzan (ターザン) 2012年 11/22号の特集は「疲労」。

この「疲労」の話がめっちゃ面白いです。本誌の冒頭では、マンガで最新の「疲労」について、分かり易く書かれていますので、ここだけ立ち読みするのもいいかもしれません。

例えば、皆さんもご存知の「乳酸」の話し。
私はこの乳酸のことを、筋肉を使用した際に溜まる疲労物質と思っていました。。。が、これは間違い。乳酸はむしろ疲労回復のエネルギー源として活用される、ありがたい物質に格上げされていました

と、こんな感じで最新の疲労研究は進んでおり、「うへ〜」と関心することばかり。今回は本誌から、疲労の仕組み&本当の疲労度合いを判定する方法をご紹介します。

スポンサードリンク

疲労の仕組み

本誌によると、ヒトが疲労する仕組みは下記のような感じです。iPadで手書きしたマンガゆえ、雑ですがご容赦ください。

まず、運動すると、細胞の中で、大量の酸素が消費されます。

スクリーンショット 12 11 17 7 12

それと同時に、活性酸素が発生します。

スクリーンショット 12 11 17 7 13

活性酸素は細胞をどんどん傷つけていきます。傷つけられた細胞は酸化され、パフォーマンスが低下します。

スクリーンショット 12 11 17 7 14

細胞が傷つけられると同時に飛び出すのが、「FF(Fatigue Factor) (疲労因子)」です。FFは特定の物質ではなく、機能性をもったタンパク質の総称。この疲労因子が発見されたのは2008年と、最近のこと。

このように、疲労因子FFが体内に増える状態を「疲労」といいます

スクリーンショット 12 11 17 7 21

「疲労」と「疲労感」は違う

FFが体内に溜まった状態、すなわち細胞のパフォーマンスが低下した状態が「疲労」。

一方で「疲労感」とは、「疲れた」「飽きた」「カラダがだるい」などの感覚のこと。パフォーマンス低下➡疲れを感じる、という流れがまっとうですが、必ずしもこうはなりません。

FFは「疲れてるって、脳に伝えてこい!」ってシグナルを発します。このシグナルが脳(前頭野)に届くと「疲労感」となるわけです。が、この疲れてるってシグナルをブロックしてしまうことがあります。ブロックするのは「やる気」「達成感」「ごほうび」などなど。

前頭野は意欲、達成感、想像力などを司る部位です。より高次の前頭野は「やる気」「意欲」「達成感」「報酬」の快楽を熟知しています。このため、やりがいのある仕事や、楽しい遊び、ごほうびが用意されていると、疲労のアラームを無視してしまうことがあるのです。

疲労感なき疲労。こうなると、細胞のパフォーマンスが低下していく一方です。行き過ぎると、病気や過労死なんてことも。。。疲労を無視できるのは、大きな脳を持った人間だけらしいです。なんともはや。

Small 4722681660

photo credit: philos from Athens via photopin cc

ヘルペス発症の理由

自分がどれだけ疲労しているのか?客観的に計測することが出来れば、「疲労感なき疲労」状態になることもなくなります。

現在、疲労度を数値として計測できるシステムがあるのだそうです。その名も「疲労蓄積度検査キット」。検索してみると、2010年にTV番組「エチカの鏡」で紹介されていたようです。

この「疲労蓄積度検査キット」は、体内に生息するウイルスを計測することで疲労度を割り出すというシステム

計測するウイルスの名は「ヒトヘルペスウイルス」。日本のほとんどの成人が感染するこのウイルスは、普段はカラダの中でおとなしくしている。ところが、体内の疲労因子FFの量が増加してくると、外へ逃げ出そうとする!宿主であるヒトの健康が損なわれそうになると、他の活きのいい宿主に乗り換えようとするわけですね。

ヒトヘルペスウイルスは、常時FFの量をモニタリングしていて、その量の平均値が3〜4日続けて高い状態になると、脱出用意。唾液や皮膚の中、外界に近い部位に集まってくる。疲れが溜まったときに口唇ヘルペスや帯状疱疹を発症することがある。あれはまさしく、ウイルスがカラダから脱出しようとしているのだ。

「疲労蓄積度検査キット」は、この唾液中のヒトヘルペスウイルスの数を検出し、蓄積された疲労の度合いを測るシステム。といっても今のところは臨床実験中。一般人が検査できる体制はまだ整っていない。

via Tarzan 2012年 11/22号 P24-25

私も年に2回くらい口唇ヘルペスが出来ます。ヘルペスウイルス君が、カラダから逃げ出そうと必死だったわけですね。なるほど。

Small 206370610

photo credit: Palagret via photopin cc

疲労度合いを判定する

別の方法でセルフチェック出来ないか?本誌でオススメしているのが「朝起きて一発目に疲れ具合をサーチし、マーキングする」。超シンプル。が、この方法、疲労度の計測法としてはかなり正確性が認められている方法だそうです。

一般に疲労度のチェックは日中に活動した後の夕方に測るのがベターな感じがするが、これが実は逆。まだ頭が覚醒していない朝一番は、動物的な感覚が理性を上回っている状態。つまり、疲労のアラームをマスクする前頭前野が大人しくしている時間帯なのだ。実際、こうして割り出した疲労度は、ヒトヘルペスウイルスの検出量の結果に驚くほど近いのだという。

via Tarzan 2012年 11/22号 P24-25

というわけで起床後はすぐに、カラダの疲れ具合がどの程度なのかをチェックしましょう。無心の状態で、チェックシートにマーキングすればOK!

試しに下記のようなチェックシートを準備し、ウィークディの月曜から金曜までセルフチェックしてみてはいかがでしょう。疲れの具合によって、疲労回復を促すための、土日の過ごし方が変わってきます。

スクリーンショット 12 11 17 10 31

おわり

「疲労」について、理解が深まりましたか?本誌にはもっと分かり易く(詳細に)書いているので、是非とも興味の湧いた方は読んでみてください。

次回は、疲労回復の話しを書きたいと思います。

スポンサードリンク