優秀な選手の中には、優秀なコーチが住んでいる

Medium 134898812

photo credit: joeldinda via photopin cc

優秀な選手の中には、優秀なコーチが住んでいる

高卒で近鉄バッファローズに入団して以来、日本とアメリカで約30年、プロ野球の世界で生きてきた吉井理人さんの持論です。

'08年のコーチ就任以降、ダルビッシュ選手(現レンジャーズ)をはじめ、日本ハム投手陣の育成と整備に尽力し、その指導力は他球団からも高く評価されていた吉井コーチ。そんな吉井コーチの日ハム退団の発表があったのは、つい先日のことです。

吉井さんがコーチに就任した時からの信念は
『監督に継投策を提案する時も、選手に指導を行う時も、すべては「選手が気持ちよくプレーできること」を、最重要視する』。

吉井コーチは、自分と栗山監督の考え方の相違が、選手たちに不安を与えてしまったことにより、自ら退任の道を選んだとのことです。
下記の記事では、吉井コーチのコーチ生活を振り返ってのインタビューが掲載されています。吉井コーチの選手に対する想いにとても共感しました。ご紹介致します。

プロ野球コーチ 利口はやらないけどバカにはできない仕事

スポンサードリンク

日本ハムで初めてコーチになった吉井氏は、一冊のノートを用意した。

「ノートに書き出してみたんです。(現役時代に)自分がやられて嫌だったことと、よかったことと。すると、嫌なことしか出てこない。その中でも一番嫌だったのが、『余計なことを言われる』だった(笑)」

選手を「指導」するのではなく「観察」し、邪魔にならないように、サポートをする。吉井氏は、とにかく「邪魔をしないこと」を心がけた。

そのスタンスは、予想以上の副産物を生む。いつの間にか、選手から質問をしてくるようになったのだ。

「私は現役時代、コーチに話しかけるなんて、まずなかったですから。印象的でしたね」

就任当時、チームには4年目のダルビッシュがいた。前年に15勝を挙げ、沢村賞とMVPを受賞。すでに「球界のエース」となっていたダルビッシュは、吉井氏の信念が間違っていないことを、より証明してくれるような存在だった。

「ダルは油断できないんですよ。試合中に難しい質問してくるんです。腕の角度や、足の上がり方など、自分で持っているチェックポイントをコーチを使って確認している感じですね。あいつの集中の仕方だと思うんですが、味方の攻撃中、ベンチで、私やキャッチャーを相手に、ずっと喋っているんですよ。それで『あ、チェンジになった。行って来ますわ』と出てって、バーと抑えてまた帰ってくる(笑)」

コーチの仕事は、選手が必要とするときに、必要な手助けをすること。

(中略)

こんな言葉もある。

「優秀な選手の中には、優秀なコーチが住んでいる」

高卒で近鉄に入団して以来、日本とアメリカで約30年、プロの世界で生きてきた吉井氏の持論だ。

「ダルはプロですでに活躍して、去年入ってきた佑ちゃん(斎藤佑樹)にしても、アマであれだけの実績がある。コーチは外からしか見られないでしょう。自分のことは自分がいちばん知っているわけですから」

プロ野球コーチ 利口はやらないけどバカにはできない仕事

Small 6861572290

photo credit: mikelachance816 via photopin cc

どんな人の中にも、コーチがいる

どんな人の中にも、コーチが住んでいます。優秀な選手の中には、優秀なコーチが住んでいます。そうでもない人の中には、そうでもないコーチが住んでいます。
ダルは油断できないんですよ。試合中に難しい質問してくるんです。腕の角度や、足の上がり方など、自分で持っているチェックポイントをコーチを使って確認している感じですね。

優秀な選手は、カラダの使い方の探求に余念がありません
試合中、ダルビッシュ選手は、常に自分のカラダの感覚を確かめようとしています。ベンチに戻るたび、吉井コーチに客観的な意見を求めているのも、カラダの感覚を確かめ、研ぎすませようとしているからだと思います。

自分の内側を常に感じ、観察し、その磨き上げに没頭できる。こういう方の内側には優秀なコーチが住んでいると思います。

優秀なコーチが住んでいる人の特徴

自分の中に優秀なコーチが住んでいる人は、外部のコーチに依存しません。あくまでも自分の感覚が最優先という軸があります。外部のコーチに求めることは、客観的な意見や、自分が今まで感じられなかったことの発見・刺激などです。

私のテニスレッスンにおいても、「何か面白い発見があるかも」とワクワクして来てくれる人は、とても有意義な時間を過ごしてくれてます。

またそういう方々は常日頃から自分の内側と対話している為でしょうか、ご自身の変化に非常に敏感です。小さい変化でも「変わったー!」と感じてくれます。

一方で「お金払ってるんだから絶対に上達させてもらえるはず」と依存の強い方や、「今習ってる他のコーチには別のこと言われているから」と固定概念に捉われてる方にとっては、あまり有意義ではないと思います。

Small 6085477315

photo credit: Kenneth Hong via photopin cc

おわり

みなさまご自身や、周りの方々はどうでしょうか?改めて、じっくりと観察してみるのも面白いかもしれませんね。

内側のコーチの磨き上げには、終わりがありません。私もこれから接する方々とともに、一生かけて磨き続けたいと思います。

スポンサードリンク